Feature 特征

1)Geological and geographical features

Soil in Shirakami-Sanchi consists of sedimentary rocks (tuff, mudstone, sandstone, etc.) and intrusive rocks, which were formed after magma rose from way down below the ground, such as rhyolite and porphyrite, running through sedimentary rocks 20 million to 12 million years old (since the Miocene Epoch in the Neogene Period) with granite as a foundation, which was formed about 90 million years ago (in the Cretaceous Period).
The topography of the Shirakami Mountains is characterized by deep valleys, a large number of high waterfalls due to the steep valley walls, and magnificent views.

2)Animals and plants

*Beech tree
Beech trees, buna, are classified in the genus beech and there is also inubuna in Japan in the same genus. Buna grows throughout the nation from the southern part of Hokkaido to Kagoshima, and inubuna grows mainly along the Pacific Ocean south of Iwate Prefecture.
Because of abundant plants that are food for animals in forests of beech trees, a wide variety of animals live in the forests in comparison with other forests. Forests of beech trees are also excellent in watershed protection and the prevention of surface erosion.

*Black woodpecker
The black woodpecker is the largest among five kinds of woodpeckers living in the Shirakami Mountains. It is about the size of a crow and its body color is black. The entire head of a male black woodpecker is red and the back part of the head of a female black woodpecker is red. The black woodpecker is designated as a protected animal in Japan.

*Harlequin duck
Harlequin ducks were thought to be sea birds that fly over the sea to Japan in wintertime, but the breeding of harlequin ducks was recently confirmed for the first time in Japan at the source of the Akaishi River in Shirakami-Sanchi. They seem to eat insects or the small fries of chars but we do not know their detailed habits yet.

*Oogomashijimi
In Aomori Prefecture, the Oogomashijimi (a type of butterfly) that lays eggs in kurobanahikiokoshi of the beefsteak plant family can only be seen in a certain area of ShirakamiーSanchi. The grown larvae of ogomashijimi are carried to the nests of kushikeari (a type of ant) and eat the larvae of ants. They live in areas where the natural environment is in good condition.

*Japanese antelope
The Japanese antelope is a large herbivorous mammal. Being a primitive species among animals belonging to the cattle family, the Japanese antelope is considered a living fossil. It is designated as a special protected animal in Japan.

*Aomorimantema
The Aomorimantema that was found in Aomori Prefecture for the first time is a plant in pink family. The plant has a pretty white flower of about 2 cm in diameter around June.

*Shiragamikuwagata
Shiragamikuwagata is a new kind of miyamakuwagata of the gomanohagusa family. To date, the Shirakami Mountains are the only known growing areas of the plant. From June to July, the plant has vivid flowers with deep bluish purple linear patterns on a pale purple background.

*Tsugarumisebaya
Tsugarumisebaya is a plant in the orpine family. The plant grows on collapsed slopes or rocky areas and has white flowers around October.

 

 

———————————–

白神山地的特征
1
)地和地形
白神山地的地9000万年前(白亚纪为基岩主要由2000

1200万年前(新第三中新世)的堆岩(凝灰岩、泥岩、砂岩)以及入岩(由地下深层上升的岩浆形成的岩石。如流纹岩、石英闪绿岩等)构成。
地形特征方面:深谷错综复杂,谷壁大幅倾斜,有许多落差很大的瀑布,景色极为状观。

白神山地的河川,青森方面有大川、暗川、赤石川、追良川、内川秋田方面毛川。沿着划分各流域的山脊,有海拔1000m1200m群山绵延主要:大川流域的青鹿岳(海拔1000m)、赤石川流域的魔须贺岳(海拔1012m)、追良川流域的天狗岳(958m)。此外,除作为划分旧岩崎村旧深浦的分水岭的白神岳(1,232m)、白神山地最高峰向日神岳(1243m),有沿着山脊延伸的二森(1086m)、真岳(988m)、雁森岳(987m小岳(1,042m)。

2植物
山毛榉树

属山毛科。日本水青冈与其为同一属种山毛榉的生长遍及北海道至鹿儿岛的日本全国,水青冈则沿太平洋方面的岩手县南部繁衍。

作为森林中动物们的食饵,山毛榉树的果实养育了种类繁多的动物,成为维持此区域生态系统平衡的重要营养源。同时,山毛榉林在涵养水源,防止地表侵蚀方面也发挥了重要作用。

*熊熊是栖息在白神山地的五种鴷形目鸟类中最大的一种。体长类似乌鸦,羽毛黑色。雄性熊的头部为红色,雌性熊的头部后侧为红色。熊被指定为国家天然纪念物。此外,在环境厅红皮书中被归类为濒临灭绝物种之II类(VU)。

 

*丑鸭

丑鸭最初被认为是冬季飞过日本海的候鸟,不过,最近日本首次确认了其栖息在白神山地的赤石川源流。这种鸟通过扑食昆虫和小蝴蝶为生,但是相关习性方面尚不明确。

*大斑霾灰蝶

在青森县内,只有在白神山地的某些区域才能够看到大斑霾灰蝶。这种蝶类在桑科的毛国香茶菜上面产卵。其幼虫被搬移到红蚁的巢穴中,以红蚁的幼虫为食。它们通常生存在环境良好的地域中。

*日本鬣羚

日本鬣羚是大型的草食哺乳动物。由于其在牛科动物中也属于较为原始的物种,因此亦可以称其为活化石。它只在日本栖息,被指定为国家天然纪念物。

 

*青森蝇子草

青森县内最初被发现的青森蝇子草是蝇子草科的石竹属植物。六月左右会开直径约为2厘米的白色花朵。其分布在白神山地及周边有限的山地中,在岩石或断崖上生长。是白神山地保护运动中具有象征性的珍贵植物。在环境省的红色目录中(2007),被列为濒临灭绝物种之II类(灭绝危机日渐严峻的物种)。

*白神穗花婆婆纳

白神穗花婆婆纳是玄参科穗花属的多年草本植物。6月至7月左右开淡紫色的花朵。

*津轻圆扇八宝

津轻圆扇八宝是景天科植物。这种植物生长在山坡或岩石上,10月左右开白色花朵。它是以白神山地为分布中心的准固有物种,被环境省列为濒临灭绝物种之II类。只生长在白神山地、津轻半岛及秋田县的一部分地区。

 ———————————–

白神山地的特征

1)地質和地形

白神山地的地質以大約在9000萬年前(白亞紀)的花崗巖為基巖,主要由2000萬至1200萬年前(新第三紀中新世)的堆積巖(凝灰巖、泥巖、砂巖)以及貫入巖類(由地下深層上升的巖漿形成的巖石。如流紋巖、石英閃綠巖等)構成。

地形特征方面:深谷錯綜復雜,谷壁大幅傾斜,有許多落差很大的瀑布,景色極為狀觀。

白神山地的河川,青森縣方面有大川、暗門川、赤石川、追良瀨川、笹川,秋田縣方面有粕毛川。沿著劃分各河川流域的山脊,有海拔1000m1200m的群山綿延。主要有:大川流域的青鹿嶽(海拔1000m)、赤石川流域的魔須賀嶽(海拔1012m)、追良瀨川流域的天狗嶽(958m)。此外,除作為劃分舊巖崎村與舊深浦町的分水嶺的白神嶽(1,232m)、白神山地的最高峰向日神嶽(1243m),還有沿著縣境山脊延伸的二森(1086m)、真瀨嶽(988m)、雁森嶽(987m)和小嶽(1,042m)。

2)動植物

山毛

屬山毛科。日本的水青岡與其為同一屬種。山毛的生長遍及從北海道至鹿兒島的日本全國,水青岡則沿太平洋方面的巖手縣南部繁衍。
作為森林中動物們的食餌,山毛樹的果實養育了種類繁多的動物,成為維持此區域生態系統平衡的重要營養源。同時,山毛林在涵養水源,防止地表侵蝕方面也發揮了重要作用。

*熊

熊是棲息在白神山地的五種形目鳥類中最大的一種。體長類似烏鴉,羽毛黑色。雄性熊的頭部為紅色,雌性熊的頭部後側為紅色。熊被指定為國家天然紀念物。此外,在環境廳紅皮書中被歸類為瀕臨滅物種之II類(VU)。

 

*醜鴨

醜鴨最初被認為是冬季飛過日本海的候鳥,不過,最近日本首次確認了其棲息在白神山地的赤石川源流。這種鳥通過撲食昆蟲和小蝴蝶為生,但是相關習性方面尚不明確。

*大斑霾灰蝶

在青森縣,只有在白神山地的某些區域才能看到大斑霾灰蝶。這種蝶類在桑科的毛國香茶菜上面卵。其幼蟲被搬移到紅蟻的巢穴中,以紅蟻的幼蟲為食。它們通常生存在環境良好的地域中。

*日本鬣羚

日本鬣羚是大型的草食哺乳動物。由於其在牛科動物中也屬於較為原始的物種,因此亦可以稱其為活化石。它只在日本棲息,被指定為國家天然紀念物。

 

*青森蠅子草

青森縣最初被發現的青森蠅子草是蠅子草科的石竹屬植物。六月左右會開直徑約為2厘米的白色花。其分布在白神山地及周邊有限的山地中,在巖石或斷崖上生長。是白神山地保護運動中具有象征性的珍貴植物。在環境省的紅色目錄中(2007),被列為瀕臨滅物種之II類(滅危機日漸嚴峻的物種)。

*白神穗花婆婆納

白神穗花婆婆納是玄參科穗花屬的多年草本植物。6月至7月左右開淡紫色的花

 


*津輕圓扇八寶

津輕圓扇八寶是景天科植物。這種植物生長在山坡或巖石上,10月左右開白色花朵。它是以白神山地為分布中心的準固有物種,被環境省列為瀕臨滅絕物種之II類。只生長在白神山地、津輕半島及秋田縣的一部分地區。

 

————————————

白神山地の特徴
1)地質と地形

白神山地の地質は、およそ9,000万年前頃(白亜紀)にできた花崗岩を基盤に、2,000万年前~1,200万年前頃(新第三紀中新世)の堆積岩(凝灰岩、泥岩、砂岩)とそれを貫く貫入岩類(地下の深いところからマグマが上昇してできる岩。流紋岩、石英閃緑岩等)で構成されています。
地形の特徴は、深い谷が入り組んでいて、谷壁が急傾斜をなすため、落差の大きな滝も数多く、景観にも優れています。

白神山地を流れる河川には、青森県側に大川、暗門川、赤石川、追良瀬川、笹内川があり、秋田県側には粕毛川があります。その各河川の流域を分ける尾根沿いに標高1,000mから1,200m級の山々が連なっています。主なものとしては、大川流域に青鹿岳(標高1,000m)、赤石川流域に魔須賀岳(標高1,012m)、追良瀬川流域に天狗岳(958m)があります。そして旧岩崎村と旧深浦町を分ける分水嶺に白神岳(1,232m)と、白神山地内では最高峰の向白神岳(1,243m)があるほか、県境の尾根沿いに二ツ森(1,086m)、真瀬岳(988m)、雁森岳(987m)、小岳(1,042m)があります。

2)動植物

*ブナの木
ブナ属に分類されます。日本には同じ属のイヌブナもあります。ブナは北海道南部から鹿児島まで全国に生息し、イヌブナは、太平洋側の岩手県南に沿って生えています。
ブナの実は、森の動物の食物として多様な動物をやしなっており、生態系を保つ上で貴重な栄養源です。また、ブナ林は保水作用があり、表面侵食の防止にも一役買っています。

*クマゲラ
クマゲラは、白神山地に住んでいる5種類のキツツキ類の中で最大の鳥です。体長はカラスほどの大きさであり、羽毛も黒色です。オスのクマゲラの頭部は赤く、メスは後頭部が赤色です。クマゲラは、国の天然記念物として指定されています。また、環境庁のレッドデータブックで絶滅危惧II類(VU)とされています。

 

*シノリガモ
シノリガモは、冬に日本海を渡ってくる渡り鳥であると考えられていましたが、最近白神山地の赤石川の源流に生息していることが日本で初めて確認されました。この鳥は昆虫や小さな蝶々などを捕食していると思われますが、まだ習性については明らかになっていません。

*オオゴマシジミ
青森県では唯一白神山地のあるエリアにおいて、オオゴマシジミ(蝶の一種)が見ることができます。これはシソ科のクロバナヒキオコシに卵を産みます。
オオゴマシジミの幼虫は、クシケアリ(蟻の一種)の巣に運ばれ、アリの幼虫を食べて育ちます。この蝶は自然環境が良好な地域に住んでいます。

*ニホンカモシカ
日本カモシカは、大型の草食性哺乳類です。ウシ科に属する動物の中でも原始的な種であるニホンカモシカは、生きた化石ともいえます。日本のみに生息し、国の天然記念物に指定されています。

 

*アオモリマンテマ
青森県で初めて発見されたアオモリマンテマは、ナデシコ科マンテマ属の植物です。6月ごろ直径約2cmのかわいい白い花を咲かせます。白神山地と周辺の限られた山地に分布し、岩場や断崖に生育します。白神山地保護運動のシンボルになった貴重な植物です。環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されています。

*シラガミクワガタ
シラガミクワガタはゴマノハグサ科ルリトラノオ属の多年草です。 6月から7月ごろに、淡い紫色の花を咲かせます。

 

 

*ツガルミセバヤ
ツガルミセバヤは弁慶草科の植物です。植物は崩壊斜面や岩場に生育し、10月頃に白い花を咲かせます。白神山地を分布の中心とする準固有種で、環境省. VU. 絶滅危惧II類となっています。白神山地と津軽半島、秋田県の一部にだけ自生しています。

 

————————————